ヘアサロン・ネイルサロンで顧客満足度を向上させる顧客管理

お客様に満足していただき、リピーターを獲得するためには、お客様満足度の向上が不可欠です。
ではどのようにしてお客様満足度を高めるのでしょうか?
様々な努力が、お客様満足度を向上させるポイントになりますが、ここではお客様の満足度を高める一つの提案があります。
それは、お客様一人一人の施術カルテを残すことです

施術カルテを残す理由

施術の内容を診療簿のように残すことで、お客様一人一人の履歴が把握できるようになります。

いつ、誰が、どのようなサービスを、誰に行ったのか?
そしてその結果がどうなったのか?

次回来店の際にも、過去のカルテを参考にして、より良質な施術サービスが出来たり、お客様に寄り添ったご提案ができるようになります。

タブレットで作れる簡単カルテ

紙と鉛筆でカルテを作成することも選択肢の一つとして有効です。誰でも簡単に作成でき、追記や閲覧がこれほど簡単な方法は他に無いからです。
あるいはパソコンでカルテ管理をする事もあるでしょう。事実、病院などでは、ほとんどの先生がパソコンに問診の内容を直接入力しています。
ここでは、新しい選択肢として、タブレットを使ったカルテ作りをご紹介します。

サロンカルテでは、手書きのメモと、タブレットで撮影した写真をそのままカルテに残すことができます。
手軽に持ち運べて、お客様とカルテの内容を見ながらコンサルティングをするなど、タブレットは使い方によって有用なツールになります。

お客さまのスマホからカルテが読める

お客様にとって、自分の過去の施術履歴は大切な情報です。
ですがお客様一人一人は、前回の内容を覚えていない事も多く、

次回はパーマに挑戦してみましょう

といった会話の内容も、次回来店時にはすっかり忘れてしまうお客様も結構多いものです

お客様のスマートフォンに、お客様だけのカルテ情報を共有することができれば、お客様は
前回、前々回、はては何回も前のカルテを、スマートフォンからいつでも読めるようになります。

自分のカルテがどのように管理されているのかを知ることができる上に、美容室との情報共有ができ、相互の
信頼関係も向上します。

QRコードでお客様とカルテの共有

お客様のスマートフォンでカルテを読むためには、サロンカルテCHをインストールしてから、
ぴっとQRコードを読み取るだけです。
これで美容室のサロンカルテが連動するようになります。連動といっても、
サロンカルテCHのCHはチャイルドの略で、サロンカルテの子機という位置づけになり、カルテを作成する機能は有りません

サロンカルテCHご利用のお客様にクーポンを配信したり、個別のお客様に次回来店時のアナウンスをすることもでき、
よりお客様との距離感を近づける事ができるはずです。

リピーター獲得にはお客様の施術管理が必要不可欠

お客様満足度を高めることがリピーター獲得につながります。
リピーターを獲得するためにはお客様満足度を高める必要があります。
誰も満足しない美容室には、二度と足を運んではくれません。

そんな状況で、やはり施術の内容をカルテとして残すことは最優先で導入すべき課題です。
紙とペンを使ったカルテ管理から始めてもいいでしょう。
仕事をする上で、様々な道具を使うことになります。例えばスタイリストであればハサミなど、こだわりの道具を使う
方もいるでしょう。
顧客管理もその延長で考えていただきたいと思っています。顧客の施術を管理する道具は様々あります。
その選択肢の一つとして、お客様とカルテの共有ができるサロンカルテはいかがでしょうか?

サロンカルテの機能

手書きのメモや、写真を残すことができます。
詳しくは、「サロンカルテの機能紹介」を御覧ください